渇望。 -sister's power talking place-

sister's power かんりにん kou の雑記。 思いついたことをつらつらと。 まとまりがありません。

きっと誰かが逃げたんだ

一つ断っておくとフルコンプではない。
が、もういいかってことで感想。

「マジカル☆ディアーズ」

まずパッケージと中身が違っていてすごい。
真穂と沙夜の説明が本編とちげーよ。
まあ本編は本編で、土曜日は半ドンって描写があったのに1日デートした翌日が日曜日だったりするけどな。
授業はどうした。

つまり、この作品は一貫性があんまないのである。
(あと作品全体がなんか寒いのだがこれは相性問題もあるのかもしれん)

ただ、である。
一貫性が貫かれているところがある。
それは水無月と沙夜と主人公である兄との関係性だ。

沙夜は(パッケージには書いてないけど!)腹違いの妹。
水無月は(10歳ごろから一緒なのに10数年一緒って描写されたりする)こちらは両親とも同じ妹。
そして、「妹ふたりは兄を巡って争わない」ここが大事。
水無月は兄に対して執拗なくらいの執着をするが、沙夜に対してはかなり寛容。
むしろふたりで他のヒロインから兄を守り、隙あらば兄を篭絡しようとする。
このいわば「妹戦線」とでも言うべき感じはとても良かった。
ただ妹共有ルートしかなかったけどな。
あとエロシーンが終わってから取ってつけたように連続したけどな。

そもそも水無月って名前になったのには意味があるとか言っときながら
ルート内で結局その意味についても触れてないし散々である。
つまり散々なのだが(追い討ち)その「妹戦線」についてだけは評価できる。

あとハーレムシチュなのにハーレムルートないのはダメだろこれw
ま、企画やった人間がいなくなったか力量が足りなかったかのどっちかだろうねえ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://littlesister.blog87.fc2.com/tb.php/217-2f9122c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad